ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 総務課 > 令和6年度 滝川市住民税が新たに非課税または均等割のみ課税となる世帯への給付金(令和5年度給付対象世帯を除く)のご案内

本文

令和6年度 滝川市住民税が新たに非課税または均等割のみ課税となる世帯への給付金(令和5年度給付対象世帯を除く)のご案内

ページID:0015616 更新日:2024年6月20日更新 印刷ページ表示

 国の経済対策の一環で、令和6年度に新たに住民税が非課税となる世帯等へ、1世帯当たり10万円を給付します。
 また18歳以下(平成18年4月2日以降に出生)の児童(対象児童)を扶養している世帯に対象児童1人あたり5万円のこども加算給付を支給します。

対象世帯

 基準日(令和6年6月3日)時点で滝川市に住民登録があり、次のいずれかに該当する世帯

  • 令和6年度に新たに住民税非課税となった世帯(世帯全員の令和6年度住民税が非課税)
  • 令和6年度に新たに住民税均等割のみ課税となった世帯(世帯全員の令和6年度住民税が非課税または均等割のみ課税されている世帯)

【次に該当する世帯は対象外です】

 令和5年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金および令和5年度住民税均等割のみ課税世帯に対する臨時特別給付金を受給した世帯は給付対象外となります。

  • 住民税非課税世帯(3万円+7万円給付金)
  • 住民税均等割のみ課税世帯(10万円給付金)

※未申請・受給辞退された世帯も含みます。
※他市町村で受給された世帯も対象外となります。

給付額

〇1世帯当たり10万円
※本給付金は、差押禁止等および非課税の対象となります。

〇子育て世帯への加算給付について
 令和6年度低所得者支援給付金の対象世帯のうち18歳以下(平成18年4月2日以降に出生)の児童がいる世帯に加算給付として対象児童1人あたり5万円を給付します。

給付(加算)額
・対象児童1人当たり5万円

対象児童
・平成18年4月2日以降に出生した以下の児童

※令和5年度住民税非課税世帯給付金(7万円)または令和5年度均等割のみ課税世帯給付金(10万円)を受給した世帯のうち子育て世帯への加算給付の対象児童となった児童は対象児童になりません。

給付時期【未定】 ※7~8月に給付できるよう準備中

 ※給付対象者には、滝川市から7月中に郵送でご案内できるように進めています。支給時期や必要書類等の詳細が決まりましたら、改めて本ページでお知らせします。

制度の全体像は内閣府ホームページをご覧ください

 各種給付の詳細(内閣官房ホームページ)<外部リンク>

給付金をかたった詐欺にご注意ください!

 振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意ください!

 この給付金に関して、ATMの操作をお願いすることはありません。また、給付のために、手数料の振込を求めることは絶対にありません。

お問い合わせ先

相談窓口【滝川市臨時給付金コールセンター】

     電話番号:0120-223-130【無料】

     受付時間:平日・土日祝日8時30分から20時00分まで

 

滝川市 総務課定額減税補足給付金等給付室

電話番号:0125-28-8009
受付時間:平日8時30分から17時15分まで
 ※お掛け間違いにご注意ください。